人工超知能が人類を超える 台場時生

人工超知能が人類を超える シンギュラリティ その先にある未来

The future beyond the singularity The artificial superintelligence will surpass mankind

‘16日本実業出版社 台場時生

 

シンギュラリティのキーワードで読みました。特異点に到達に備えよう、というような内容は多いのですが、特異点に到達したら、人類は進化のバトンを機械に手渡して、幸せは無くなる、それは不幸なのではなく、無の境地、解脱の境地に入るのかもしれない、という見解はとても興味深い。そういう点では、未婚者が増えたり、子供を産まなくなったり、してきているのは人類としては進化して機械に手渡す準備をしているのかもしれない。

 

人が人生という道に迷った時に進むべき方向を指し示してくれる「導きの星アドラー

=理想とする人類の未来像

 

ロボット カレル・チャペック 戯曲「RURロッサム・ユニバーサル・ロボット会社」1920

 家事手伝い用人型ロボットが自意識をもち、人類を滅ぼしてしまう

 登場時から人間に敵対する構図→ターミネーターマトリックス、HAL

 日本は鉄腕アトムドラえもん 人間の味方

 

特異点は生物進化のゴール コンピュータが人間に頼らずに自らの力で勝手に進化していく

機械に進化のバトンを手渡す

 

人工知能と人間との共存 特異点後の人間の姿

①生身の身体・脳をそのまま維持 遺伝子操作等による身体面の強化等はある

②サイボーグ

③機械化

意識はニューラルネットワークの虜

物質的なニューラルネットワーク

非物質的なクオリアを伴う意識

脳の容量や構造の精密さが増し知能が高度化すると、実現できる感情のレベルも上がるとすれば、人工知能の方が人間よりも深く優れた感情をもつ、と言えるし、人間には備わっていないまったく新しい高度な感情をもつようになるかもしれない

 

科学技術的進化

農業革命 動物からのテイクオフ 物質

産業革命 機械による生産と輸送 エネルギー 肉体労働の外部化

情報革命 電子による通信と知識処理 情報 頭脳労働の外部化

  ↓

ロボット革命 人間すべての外部化 人力フリー社会

生物革命 命の特異点 個の保存

 遺伝子の意図的改変、再生医療・ナノテク医療等による不老不死の実現

  ヘイフレック限界 細胞分裂は50~60回

宇宙進出 種の保存

生物的進化は受動的で限られた適応力しかもたない

科学技術的進化は能動的、万能的で強力な効果を発揮する

→生物の目的である個と種の保存は達成され、生物としてのゴールに到達

無限の知識、無限の知性、無限の美、無限の創造性、無限の愛

 全知全能 神の概念に向かって突き進んでいく

 アメリカ発明家未来学者レイ・カーツワイル「ポスト・ヒューマン誕生」

非生物的進化 全知全能に向かって突き進む

生きるために制約を解除する→制約を解除するために生きる

世界のすべてを知るための科学

世界のすべての制約を解除し、完全なる自由を手に入れるための技術

 

 

幸福は絶対尺度では測れない、相対的な尺度で測られる

幸福度の大きさ=現状-幸福のゼロ点

絶対的な幸せは存在しない 味わっては消える幸福の特性こそが、幸福の尊さ

愛、成長、快楽、幸福は生きるための手段

手段が目的に転化するのが人間が持つ特別な性質 途中段階の価値がつり上げられる

自分の生きる目的として何を選ぶかは各人の自由、生き方多様性の保護

 

不幸を一つ消す=幸福を一つ消す 不幸の内世界=幸せのない世界

望みがすべてかない状態価値をこれ以上上昇させられなければ幸福度は低下していく

→人類の未来に幸せがない 人類としての無の境地 欲望や感情が消滅した状態

 

宇宙の歴史138億年を一年に例えると、80年は0.18秒

金額だと豪邸14邸に対しアイス1個分

すべては浮世のこと つい最近までこの世はなかったんだから、あまり気にすることはない

プークが丘の妖精パック PUCK OF POOK’S HILL キプリング

べペンシー平野に住むダンとユーナの兄妹がシェークスピア、夏の夜の夢を演じていると妖精パックを呼び出してしまい、イギリスの歴史上のいろいろな人物に会わせてもらう。イギリスの建国の過程、マグナカルタ成立が語られる。イギリス人の精神の底流みたいなものが感じ取れるような気がする。

 

パック オークとトネリコとサンザシの木にかけて

 茶色い毛で覆われた肩幅が広く、耳はとんがり、鼻はしし鼻、青い目はキッとつりあがり、そばかすだらけの顔

 

ウィーランドが剣を与え、その剣が宝をもたらし、宝が法律を生んだ。オークが伸びるように自然なこと。

剣 黄金はささげられる ある目的のために ルーン文字による予言

 

黄色い砂に縛られるくらいなら、今すぐ溺れ死んだ方がましだ

黄金は人をすかり変えてしまう 金がなければ戦争はできない

王が法律を守れば国は平和になる 金を貸せば戦争になる

 

マグナカルタ第40章 何びとに対しても権利と正義を売ったり、拒んだり、否定してはならない 金貨200枚で、すべての自由人に→何びとに に変えさせる

 

運命は最初にできた真の友人によって決まる

若い時に立派な人間になろうと努力すれば、大人になったときに立派な友人ができる

科学の発見 to explain the world the discovery of modern science スティーヴン・ワインバーグ

 

 

ギリシア哲学者 まず美しいこと 詩 世界はかくあれかし 実証を求めるという態度が欠けている

天文学幾何学で研究するべき 無理数を封印

 数学が物理に役立つのはなぜか? 観察・実験を必要としない

  数学は科学ではない 世界について何も説明することはできない

  物理学は曖昧 数学的厳密さと摩擦

アリストテレスですら自然偏重 人工的状況による実験を軽視

 知それ自体のための知識 エピステーメーギリシア) スキエンティア(ラテン)

 実用のための知識 テクネ(ギリシア)アルス(ラテン)

 

ヘレニズム(アレクサンドリア ムセイオン)実用的技術 アルキメデス 

 当時のアテネアレクサンドリアは、リヴァプールーニューヨーク汽船と同じ時間

 医学は科学になりにくかった

  旧理論がうまく機能しないことに気づきにくい 患者の状態が常に異なる

  理論よりも回復=どんな理由であれ回復すれば権威

 必要を満たす科学研究は現実に向き合わせる

 

キリスト教 哲学はむなしいだましごと・教会での立身出世の機会

 

アラブ世界がギリシア哲学を承継 

天文学 役に立つ 記述ではなく証明する

 暦を作成する、地球上の距離を測る、礼拝の時刻を知らせる、キブラの方向を決める

医学 理論と観察結果の突き合わせが困難

 

地動説 ギリシアアリスタルコス

 コペルニクス 地動説は観測結果ではなく数学的にシンプルで首尾一貫している理論

ガリレオ 観測 偶然ではなく人工的環境で実験 望遠鏡 傾斜平面

  数学から脱却 幾何学は偏重

 ベーコン 科学には役に立っていない

 デカルト 物理学に数学をもちこむ

 ライプニッツ微分積分法を発表したが、科学に応用したのはニュートン

 ヴォルタ 電気と磁気の実験

 ラヴォアジェ 化学の実験 物質の本質の理解

 

生物学は目的論原理の上に成り立っている

自然淘汰による進化 遺伝情報とDNA 化学・物理学に裏付けられる

ソーシャル物理学 Social Physics アレックス・ペントランド

ソーシャル物理学 「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学

Social Physics how good ideas spread the lessons from a new science

’14’15草思社 アレックス・ペントランド MITメディアラボ創設

 

 

 直前に読んだ、善と悪の経済学からみると、社会を数学的に記述しようという真逆の内容。ただ、市場とか合理性と言う意味で数学を持ち出すのではなく、文化などを数学的に記述してみよう、という試み。そして、交通の便をよくして、人びとが交流する場を上手につくりだせば、創造性が増す、というのはまちづくりにおいて面白いポイント。 

 

社会物理学

情報やアイデアの流れと人々の高度の間にある確かな数理的関係性を記述する定量的社会科学

個人ごとの違いと個人間のつながりの両方を扱い、社会を数学的にとらえて予測可能にする科学

・ペナルティを使った規則や市場の競争に依存するのではなく、ソーシャルネットワーク・インセンティブを活用

・私たちが取る態度や思考は、他人の経験が統合されたものに基づいていて、文化と社会の基盤となっている ×主体性や個人選択

・市場や階級は平均像やステレオタイプを示す

市場←すべての人が同じものをみて、お互いに対等な条件で競争するのではなく、一部の人々がより良いコネを持ち、また別の一部の人々は他の人より事情に通じており、さらには距離とかタイミングといった副次的な要因によって影響される。人々は単に自己中心的で自律的であるわけではなく、他社との交流によって生み出された社会規範から大きく影響をうける

階級←仲間同士のグループではさまざまなグループに参加する

 

イデアの流れ いかにアイデアソーシャルネットワークの中を伝わるのか

ソーシャルネットワークを通じた新しい行動の伝播を、新しいアイデアを収集する探究行為と、その後に起きる仲間とのエンゲージメントを通じて、集められたアイデアの中から良いものを選び、習慣化する過程

 周囲への接触により健康習慣、政治志向、消費活動がアイデアの流れを規定

 自分の経験から学ぶより、周囲の高度に倣った方がずっと効率的だから

最善の学習戦略 90%が探究(うまく行動していると思われる人を見つける)

                 10%を個人による実験と考察

 

探究 新しいアイデアや戦略を発見する 創造性は個人の才能ではなく群衆の英知

   個人で考えたアイデアと、他人の行動から得られた社会的学習を結びつける

  ・社会的学習 成功した他人を真似る 自分のつながっている人を増やす

  ・多様性 集団志向やエコーチェンバー(共鳴)を防ぐ

  ・他人と反対の方向を取る人物 独自の情報を持っている

 準備的探究 事前に 多様な専門家たちと双方向の関係を築き、タスクを実行する際に頼る

速い思考 習慣や直観 過去の経験や他人の行動を観察することから導かれる連想

 より利他的、協力的で健全な社会を実現するうえで重要な役割を演じている

遅い思考 論理的思考 新しい結論に到達するために心の中にある信念が組み合わされる

 

エンゲージメント コミュニティのメンバー間で繰り返し行われる協力的な交流

問題に対する協調的な行動を見出すように社会的圧力を生み出すことで機能する

人々が自分の行動を適合させる

メンバー全員がチームの一部であるという意識を持たせることで、均一で調和したアイデアの流れをチーム内に生み出し、誰もが新しいアイデアに前向きに取り組めるように十分なコンセンサスをつくりだす 投票率が4倍になった

同じ集団に属するメンバーが新しいアイデアを受け入れるのを目にするだけで、それに加わって他のメンバーと協力しようという強いモチベーションが生まれる

 

社会的学習 新しいアイデアが習慣となる過程で生じる

 学習が社会的圧力によって加速したり、形作られたりする

ソーシャル・ネットワーク・インセンティブ

社会的圧力を生み、特定のアイデアに関するやり方を増加させ、その結果として人々がアイデアを行動として定着させる可能性を増やして、最終的にアイデアの流れを変化させる

個人に対する市場型インセンティブの4倍の効果

ターゲットなる人物と最も頻繁に交流しているバディには8倍の効果

直接的交流の回数からお互いをどの程度信頼しているか。社会的圧力の強さを予測できる

・交流が必要 繰り返し交流

・協力 チームメンバー全員に集団意識を持たせる

・信頼感 過去のやり取りの履歴とその結果が反映される

 

ソーシャル・ネットワークへの介入

・社会動員 短期的課題解決よりも新しい組織の構築

・チューニング アイデアの多様化を実現

・社会的エンゲージメントの活用 コモンズの悲劇への対処

集団的知性 

パフォーマンスの50%の決定要因

①アイデアの数の多さ

②交流密度の濃さ

③アイデアの多様性

 都市

①最も訪れる場所の訪問頻度は残りのすべての場所を合わせた訪問頻度を上回り、2番目に訪れる場所の訪問頻度はそれ以下の場所を合わせた訪問頻度を上回る べき乗則

②突発的な探究行為 訪れる頻度が最も低い場所

 

探究行為の多い都市は裕福になる 新しい経験を得て、新しい人々と知り合う行為は見返りがある

イデアの流れは、交通の便の良さと、同じ都市の住民間で生まれる交流の関数

社会的絆の密度が高いほど、アイデアの流れは大きくなり、生産性や創造性も高くなる

 社会階層や専門特化等の特別な社会構造を持ち出さなくても、GDP、研究開発活動の量、犯罪率などを人口から推定できる

 

デジタルメディアは対面でのコミュニケーションが持つ社会的シグナルを伝えることができないため、お互いの気持ちを読むことが難しいので、行動変化に必要な信頼を醸成するには向いていない

新しい行動を広めるというよりも、事実を広める方が適している

いちど現実世界での交流が始まると、その後離れた場所にいようと、デジタルメディア上での交流が信頼関係を強化する

 

デジタルパンくずを活用 一見意味のない微妙な身体運動の大きさやタイミング、たまたま誰かの近くにいたか、たまたま何を目にしたか、などのパンくずに社会を理解する宝がある 無意識に人の高度の影響を受けており、社会の実情を忠実に映している

 

データ駆動型社会 data-driven society

データのニューディール 公益を実現するために必要なデータをすぐ使えるように整備する一方で市民を守るという実効性のある保証を行う

課題①見せかけの相関関係が生じて簡単に間違った方向に導かれてしまう

   ②どうやって人間にも理解しやすい形にするか

 

超ネットワーク社会の規準

①社会効率 社会全体における最適な資源配分 見えざる手

 信頼できるデジタルの交換ネットワーク 開かれた市場とパーソナルデータの厳格な管理

②業務効率 機敏で、信頼性が高く、無駄なく機能する社会インフラ リアルタイムの状況の監視と、最良の反応が得られるアイデアを継続的に探究すること、それらアイデアに関するエンゲージメントによって状況変化に対する協調的で、一貫した反応を獲得する

レジリエンス(回復力) 社会システムの長期的安定性

善と悪の経済学 Economics of good and evil トーマス・セドラチェク 

チェコの経済アドバイザー。

合理性を基礎とする経済学に対し歴史的考察により疑問を呈する。読み物として面白い。

主張としては、すでに十分に持っていることに気づこう。ゴドーを待ちながら。政策としてはGDP最大化ではなく債務最小化を目標とする。

合理性を中基礎据える近代経済学の祖とされるスミスは倫理の観点の考察に苦心していた。触れられてはいないがケインズが財政政策は機械的な発動ができなにことが課題だと看破していたのに、どちらも承継者とされる人には都合良い部分だけに商店が当てられてしまったことが興味深い。

数学がトートロジーなので、数学を中心にして理論家されていってしまった経済学もトートロジーが多く、理論に意味が無い。 

三人客がいる場合に二杯のビールをどのように渡すか。液体だから三杯にすればいいじゃないか、と思ってしまうので、例としては・・・。

神話、宗教、神学、哲学、科学の中に経済学を探す

労働 城壁建設には感情のない人民こそ理想

都市に城壁 自然状態から解放され自然から遠ざかる 自然は資源の供給元

自然と社会を交換 分業と富の蓄積 利益や利得のためだけではない結びつき

人間が望むことは、欲求を満たすことではなく、もっと欲しがること

循環史観

 

旧約聖書

反禁欲的 法律と所有財産の尊重、社会的セーフティネットの整備

進歩の観念と時間を線と捉える感覚により人生には意味が与えられることになった

地上の楽園の追求=経済学

善と悪、その報いとして受け取る効用の関係

景気循環を倫理的に説明

安息日 生産性の最大化は許されていない

貨幣 信用としての抽象的概念 時間軸→金利

効用と快楽の間で幸福な妥協

 

古代ギリシャ

善も悪も人間に由来 野生は悪の宿るところではない

ヘシオドス 神はプロメテウスの行為に対する罰として資源を希少にした 効率的な分配の必要 労働は人間に定められた運命

タレス 哲学は世の中の現実に広く影響を与えうる 哲学は学問の女王

クセノポン 現実の世界を分析 アテナイの国富を最大化 貿易は公共の利益に資する 使用価値と交換価値の根本的なちがいを理解 

プラトン ①どのような問いを発してどのように答えるか ②世界を抽象化

 肉体の欲求を尊重しない 禁欲主義 需要サイドを絶つ 

 労働は奴隷のやること 供給サイドも断つ

人間が生きているのは影の世界 イデア 合理主義 知的かつ精神的な瞑想や自己認識の中で真理に到達する手がかりを得るのが理想

アリストテレス 現世 善の最大化 善は効用の最大化ではなく節度 過剰と不足は悪の、中庸が徳の特徴となる エウダイモニア=幸福こそ最も美しく、善く、快いもの

ストア派 効用と善は無関係 行為の倫理性 結果は運にゆだねるべきもの 法律を絶対 効用に意味はない 依存するものが少ないほど自由 肉体の欲求から自由になる スミスはストア派を自認

エピクロス派 効用と快楽を最大化 善=効用(結果)

 

キリスト教

キリスト教の基本メッセージは経済用語を使って解釈すれば理解しやすい

経済は社会の基本構造の一部とみなされ、それ自体は信仰の対象外?

原罪=消費の罪 消費する権利も必要もないものを消費した

贖罪 奴隷を買戻し解放する 負債の免除、罪の恩赦 積極的な不公平 善悪の計算を放棄

ある種のものは買うことはできず、与えられなければならない

悪行が利益に、善意が悪に転換される論理

 

デカルトと機械論>

科学の基礎を築こうと苦闘

 

<バーナンド・マンデヴィル> 蜂の寓話 私悪すなわち公益 悪徳

強欲は社会の進歩に必要な条件 進歩を実現する唯一の道はとにかく需要を増やすこと 個人の悪は公益に資する 市場は人間の悪徳を公益に帰る転換装置

 

アダム・スミス> 経済学の父

社会的行動の原理は共感 共感は社会を結びつける役割を果たす 倫理

倫理の重要性を説いたが、市場の見えざる手、利己的自己中心的ホモ・エコノミクスを説いたものと理解されてしまった

  

経済学のなかに神話、宗教、神学、哲学、科学を探す

<強欲の必要性 欲望の歴史>

パンドラ・エデン 神の呪い

①労働が楽しかった時代を覚えている

②悪をこの世にもたらしたのは欲望、好奇心、つまり人間のよからぬ性質

③神は人間に直接に呪いをかけたわけではない 人間が自ら不幸を選ぶように仕向けた

スミスは人間の強欲が意味するものを追求しているうちに経済学の領域に踏み込んだ

労働は人間の本源的な衝動→労働は呪わしい(創世記)、疎ましいギルガメシュ→魂(アウグスティヌス→消費

物質的、精神的な貪欲は人間の基本的な特徴

供給は需要を満たすのではなく新たな需要を喚起する

トートロジー 効用の最大化 効用(満足、快楽)の最大化をしない消費があるのか 反証不可能

 

<進歩>

時間は循環的だと考えられていたが、ヘブライ人が直線的時間の概念を導入し、キリスト教徒がめざすべき理想を定め、古典派経済学者が進歩を宗教から切り離した

消費に関して幸福になる道 永久に消費し続ける

←十分持っていると気づく「ゴドーを待ちながら」言ってごらん、ほんとでなくても。わたしはしあわせだ。しあわせになったところで、何をしよう?ゴドーを待つのさ。

ユダヤの律法 最大化という命題の対極

安息日 人間の本性は働き続けるので、強制的に仕事の成果を楽しまなければならない

一定の年月が過ぎれば債務は帳消し 富の蓄積は失効

しかし技術の進歩によって得られた時間の節約が、すべて生産に投じられている

不況期のためにとっておくべき財政赤字を好況期に食べてしまっている 余剰があるから不足を凌げる。新ヨセフのルール。GDPの最大化ではなく、債務の最小化が経済政策の目標となるべき

 下り坂でスピードが出たらブレーキを踏み、電気自動車のようにその分エネルギーを回収する

 

<善悪>善は報われるか

 

ヘブライ人は善悪こそが歴史の決定要因

ストア派は善の見返りを計算してはならない

エピクロス派は結果として報われればそれが善

キリスト教は神の慈悲を導入し善も悪も来世で報われる

マンデヴィル、スミスが私悪は公益

ベンサム功利主義

 

<見えざる手 ホモ・エコノミクス

役割①個人の悪を公の善に変える ②経済と社会の基本構造を結びつける カオスから秩序を生み出す

生来の利己心、善悪も役に立つ ヘブライでは善の従属 キリストでは同一次元

誰も望まなかったにもかかわらず生じた悪=罪 生け贄をささげることで対処

 キリストが自ら生け贄となり永遠に果たされた

 分業では罪の分担が悩ましく、しかも事後にならないとわからない 公害など

ダーウィン主義の社会への適用が社会ダーウィン主義だがダーウィンは社会的プロセスを生物学に応用

 スペンサー(適者生存)が社会ダーウィン主義者なのではなく、ダーウィンが生物スペンサー主義者

 トートロジー 生き残っているものは常に最適者

 

<アニマルスピリット>

何の理由もなく人を刺激し、行動に駆り立てる何か 人間の不合理で予測不可能な部分 英雄の元型

恥ずかしさを隠すための葉が初めて所有した外部財

隠したい、所有したい、自分の身を守りたい、という願望は、自由の喪失とモノ依存に結びつく

人間の欲望に自然なもの、自然発生的なものはない。何を欲しいかを教えられる。

動物に打ち負かされる、ロボットに打ち負かされる。どちらも無関心、無感動が戦う相手。

人間の位置は、合理的なホモ・エコノミクスとアニマルスピリットの間にある。

 

<メタ数学>

経済学が機械的な分配の学問になった 現実の世界には社会的な相互作用があるにもかかわらず数式でうまく説明できると考えるようになった

数学で最適な価格設定をすることにより計画経済は計画を立て経済を支配する手段とみなしたが、自由市場経済の方も必要とした

しかし最適な人間の行動を設計できなかった

数学は必要だが十分ではない 真実は数学より大きい 数学は普遍だが不変ではない

数学がエレガントでパーフェクトなのはそうなるように考案されたから 数学はトートロジー

決定論の立場では、ランダム性や偶然を理解するのはむずかしい 力学は量子力学によって決定論が弱められたが、経済学は世界を方程式の集合体として表現し、世界の動きを記述できると信じている

経済学が数学を援用するからといって、経済学が科学だということにはならない

 

<真理の探究>

経済学は規範的な学問なのか、実証的な学問なのか 学問から神話を取り除く努力

仮説は世界について考える手段、世界を観察する手段にすぎない

 しかし経済学の仮説は非現実的だが、真理を語っていると信じられている

モデル 何かのイメージ 経済的現実を具現化するためには、モデルに似せて経済を構築するのか、現実に似せてモデルを構築するのか

感覚的インスピレーションはエンジン、理性はブレーキ

 感情の領域にあったやわらかいものを合理的思考へと固めるプロセス

社会学者、法学者、心理学者、哲学者は、未来を予想しようとはしない。洞察を示すにとどまっている。経済学者は、何の予知能力も持ち合わせてないことを露呈し、危機の発生も規模も見通すことができなかったにもかかわらず、将来予測に熱心。物理学は生命のないものを相手にしているので将来のことを予想しやすい 万有引力相対性理論に道を譲った

予言はなされたがためにそれを引き起すこともあれば、食い止めることもある

 未来は神にとってさえ定まっていない アルフレッド・ホワイトヘッド

 旧約聖書の予言者は、未来を決定論的に預言したのではなく、警告を発して戦略的選択肢を提示した

セテリス・パリバス 他の条件が等しければ 他の条件が一定ならば

価格がどうなるのかあらかじめわかっていたら、そもそも市場は存在しない

 しかし未来について考えることは人生において欠かせない

理性と感情の二元論を放棄して、互いに相手を必要とし、相手を補い合う統合的、連続的系はあるのか?

理性はハード化された感情

言葉は主観的な感情を既存の最も近い表現に言語的四捨五入したもの

 主観的経験が言葉という抽象的で客観的なものに変えられる

時計を見て、短針と長針の位置を予測する理論は拵えられるが、ゼンマイや歯車の関係を説明する理論が選ばれるかは疑わしい

健康なときは名医と藪医者のちがいはないが、危機になって初めてよい医者は見分けがつく

 経済学は危機の際に役立たなかった 危機になれば真実が現れる 王様は裸!

チェスで重要なことが起きるのはチェス盤の外

経済学者は現実世界を忘れモデルを使って理論を展開する一方、現実の経験に基づいて経済理論を論じる必要がある 二重の悩み

 

<<経済学>>

かつて経済学は家計を管理するための知識

経済学はすべてを説明する、という壮大な野望を掲げた以上、狭い学問領域を飛び出してすべてを理解しようと本気で努力しなければならない 経済学者はより広い社会的責任を果たさなければならない

ただの経済学者にすぎない人は、けっしてよい経済学者にはなれない

市場経済が機能するかどうか、ではなく、望み通りに機能するのか、ということが問題

私たちはすでに満たされている

物質的希少性という見方をやめ、経済的ゆたかさという新しい時代を目覚めさせる ロバート・ネルソン

経済学は肉体と魂の両方を持つべき ハードはソフトを殺してきた 鍛冶屋のカインはそよ風のアベルを殺した

居酒屋に客が三人いるのにビールが二杯しかない状況

 富をどのように分配するか 哲学(権利とは)、倫理学(公平とは)、社会学(社会的地位はどんな権利を生むか)、心理学(どう行動するか)

 三杯目のビールが出現した瞬間に万事解決+正義の問題が掻き消える=経済成長を象徴

 ゼロ成長 資本主義も民主主義も成長がなくとも存在しうる

 

 

フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか ヴァンソン藤井由実 宇都宮浄人

中心市街地衰退の背景

①人口減少・高齢化

②地域産業の衰退

③自家用車の普及によるモータリゼーションの進展

 

シャッター商店街はなぜいけないのか

 街全体への外部不経済

 

郊外型商店ではいけないのか

①持続可能性 焼畑商業

②自家用車の利用が前提

③インフラ整備が財政的に非効率

 

歩いて暮らせるまち

住みやすいまち 市民が充実した生活を過ごせるまち

 =人間が感じるインスピレーションを満足させることのできる生活 仕事、リラックス、長寿

フランス人は郊外の住居に住むよりも、地方都市でより良い生活の質を教授したほうが良いと考える

週末はまちにぶらぶら歩きに行く

 バラエティに富んだ商品を揃えた店舗、一休みできるグリーンスペースやカフェ、映画館

 

シャッター通りを存在させないしくみ

①空き店舗への課税 営業権と不動産が分離

 1年以上空家だと固定資産税の10%、4年目は15%、5年目は20%

自治体の先買権

③建築許可→景観規制

 

楽しいまちづくりの仕掛け

社会保険は国が一元化、交通や経済は都市圏共同体が管轄なので、自治体は文化政策に集中できる+広場の活用

・住民税や固定資産税は各自治体が設定するので、居住地に対して関心が高くなる

・BRT導入等に際し自治体警察の首長は市長が務めるので警察との交渉はスムーズ

交通権droit au transport 移動制約者と社会弱者に対するモビリティへのアクセス権

連帯して払うコストは使わなくても受け入れる

 

コンパクトシティとは住みやすいまちづくりの追求

・「徹底した情報開示」と「市民との対話」

・できるかどうかを問うのではなく、どのようにしたらできるかを考える

・行政も住民も中長期の視点で将来像を描き、まちづくりに対する決意を持つ

 

幸せになる資本主義 田端博邦

個人の責任によって生じたものではないものに自己責任を問う社会では、利己心を増進させ、公共への関心を薄め、個人の孤立化と社会の解体を促進する

しかし社会の連帯がなければ福祉国家は成立しない

 

 

教育は自己責任か?

教育費用の負担は子供が責任をとりえない 本来期待される自己責任の機会を奪う

教育を受ける機会を提供する社会は、個人的利益のみを追求する個人によって構成される社会ではありえない

 

雇用は自己責任か?

労働問題が労働者個人の責任によって生じたものではない

日本:市場から労働者を隔離する

ヨーロッパ:市場の周囲に社会的制度を発展させる

カルテルは企業間の協調 市場の変動から企業組織を守る but新技術や経済の革新を妨げる

企業は倒産したり解散したりしても人の命にはかかわりがない

but膨大な数の労働者と所得の場を提供し、生産活動の大部分を担っている

∴個人と同じ自由はない CSR 富豪の富は公共のもの

  

・人間としての、市民としての生存が確保されていることは、あらゆる個人の自由の前提条件である

・ネオ・リベラリズムの主張する自己責任は、自己責任の現実的な条件が欠如している社会において、自己責任を求めている

・小さな政府の国ほど大きな政府への批判が強い

福祉国家が成立するためには、その社会における政治的な民主主義と市民の間における非競争的な、共同的連帯的な意識の存在が必要

 

・グローバリゼーションとネオ・リベラリズムが併進する時代には、他方で一国が社会の必要によってつくりあげた公共的な施策、社会的な施策を維持することが困難になる。

・市場がグローバル化すれば、世界的な規模での所得再分配と環境規制を行うことが人間的な資本主義のためには必要となる

・グローバル世界が一つの社会として形成されることは、われわれの社会と同様に、その構成員である各国とその人々の共通の利益あるいは公共善、ウェルスフェアの実現がその目的となる、ということ

 

・社会は、市場よりもはるかに広い概念

・社会を資本主義が基礎としている市場的論理で割り切ろうとすることはもともと無理

・土地、労働力、貨幣を商品化した点に資本主義の特徴を見出すが、

大企業等協同の組織を含み、資本と労働の対立のような市場的関係だけでは割り切れないものを含む

 

・公共的な支えが弱まると、ますます自己責任で生活をたてなければならなくなり、利己心を増進して、公共性への関心を後退させ、個人の孤立化と社会の解体に帰結する