生物

行動要因

1至近的要因 どのような刺激によって体内でどのような変化が起きて発現するのか

2究極的要因 個体の生存繁殖にどのように役立っているのか

3発達的要因 個体の性著家庭でどのように発達してくるのか

4系統進化的要因 祖先種の行動がどのように変化して現在の種で行われるようになったのか

 

生命の定義

1生存と生殖を保証するように適応した器官を持つ

2自然選択による進化 遺伝特性を持つ」

 

量子力学で生命の謎を解く LIFE on the EDGE」

生命はニュートン力学や熱力学よりも量子力学に根差している

 デコヒーレンス(ヴァイオリン) コヒーレンス(ギター)

遺伝子など小さいので必然的に量子力学の影響を受ける

量子輸送効率が最適になる温度と生物が生きている温度が一致 ゴルディロックス領域

生命のエンジン

 熱

 酵素 触媒機能 基質分子のなかで電子をあちこちに移動させる

 量子トンネル効果

 量子もつれ

磁気コンパス、神経、光合成、進化

 

量子もつれを利用した量子コンピュータ

 オンオフで二進法のところ量子もつれを利用すると多進法が可能となる

  単独の三次元だけでも2の3乗倍