・南インド&スリランカ

シンガポール航空 チェンナイinコロンボout

インドとスリランカを巡る。スリランカは旅行初心者向き、ということで、インドに本格的に回る前に、と思いつつインドを先に回ってからスリランカに渡る。インド、ちょっと怖いイメージがあり、そのなかで南はおだやか、ということで、まずは南を回ってみることに。スリランカにかつてつながっていた、ラメシュワラムの砂州、最南端のカニャクマリに行き、スリランカアダムスピークに登る。

スリランカに渡るチケットは現地で購入。 

 

3時間で台北。時差-1、4時間でシンガポール経由。チャンギ空港に約3時間。

3時間半でチェンナイ21時45分着時差-2.5(計-3.5)。さて市内にどう行くか。深夜なのでタクシーに乗る。hotel MESA。

2時間でカンチープラム。カラサナタ寺院。2時間20分でマーマッラプラム。海岸寺院。砂浜に建っている。2時間20分でチェンナイに戻る。三角を描くルート。

21時発深夜列車で9時間半かけて内陸のチルチラパッリへ。4時間ほど散策。ロックフォート。バスでラマナタプラム経由ラメシュワラムへ計7時間かかり18時前に着。TAXIでホテルを探す。MAHARAJA'S HOTEL。

日の出を見ながら沐浴。各家の玄関前にカラムと呼ぶ文様が白い粉で描かれている。両側に像が飾ってある長い建物を通ると海。8時25分発バスでマドゥライへ4時間。乗り換えて5時間でナジェルコイル、カニャクマリ21時着。日本人女性が宿泊。TRI-SEA HOTEL。

6時15分日の出を見る。ヴィヴェーカーナンダ。13時前にバスで出発。2時間半でトリヴァンドラムに到着、2時間弱でクイロン往復。20時に戻る。KEERTH HOTEL。

10時40分の飛行機でコロンボへ。1時間半。時差+0.5(計ー3)。市内に1時間。マイクロバスに乗る。外国人が数名。横にいた外国人女性が突然大声を出す。ドアが開いて外に飛び出す男。どうやらスリらしい。スリランカは旅行初心者向き、ということだったけど、いきなりの洗礼。コロンボ到着後すぐにハットンへ5時間半。HATTON INN。

7時45分発、1時間弱でマスクリヤ、30分でナラタニヤ。ここからアダムスピークを目指す。誰もいない森のなか歩き始める。荷物を途中に置いていく。山にさしかかると階段になっている。山頂が近づくともやがかかり真っ白になってしまった。頂上には守衛らしき人がいる。2時間半で12時45分登頂。ハットンに戻り、2時間バスでガンポラ、1時間でキャンディ20時半着。YMCA泊。

湖の回りを散策。とてもおだやかな町。11時半発2時間半でダンプッラへ。2時間ちょっと散策。2時間強でポロンナルワ18時40分着。SAMUDRA TOURIST  GUEST HOUSE。

午前散策。11時半発2時間半でダンプッラに戻り、1時間弱でシーギリヤ。バスから降りて、ちょっと先に岩が見える。さて、どこが入口か、と人に聞いても要領を得ないまま結局一周して入口を発見。岩にへばりついた細い道を1時間弱で宮殿へ。自信の身が狙われている、という不安から一族を皆殺し、岩の上に住んだ、という。ダンプッラに戻り、アヌラーダプラへ。18時40分着。LAKE VIEW GUEST HOUSE。

14時過ぎ20分でミヒンタレー往復。

10時45分出発、1時間弱でマラガハウェラ、1時間でプッララマ、2時間半でニゴンボ、30分で空港。24時発。シンガポールで乗り換え、台北経由。20時10分成田着。

遺跡巡りは面白くないなあ・・・

12日間。