人間はどこまで動物か 新しい人間像のために

Lehre vom menschen  biologische fragmente zu einer

(’51)岩波新書 アドルフ・ポルトマン

 

 

発生概念 生物学(因果不明)と歴史学(因果関係)

 

就巣性 巣に坐ってるもの 鳥 上等 哺乳類 下等

離巣性 巣立つもの      下等     上等 感覚器

 

1年目 直立歩行・ことば習得・技術的思考

人間の赤ん坊はサルより大きく産まるが、早産

動物が生まれたときに実現している発育状態に1年でたどりつく 歴史的

=決断の自由を持つ⇔動物は、環境によって拘束、本能によって保証される

立つことが人間特有 立ったうえで歩くのは四つ脚動物に特有な単純な機能

人間は永久歯が生えるときまで脳が発育する

人間は類人猿の2倍の寿命