読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンドレ・ジイド

62海外小説

「贋金つくり」まだこれで終わったわけではない・・・で終わることだけが決まっている「贋金つくり」と言う小説を実際に贋金をつかう集団をモチーフに書こうとしている。小説も貨幣も虚を実のようにみせかけるもの。

オリヴィエの友人ベルナールは家出して若き小説家エドゥワールの秘書に就き、オリヴィエはパッサヴァンの編集長に就く。オリヴィエの兄はベルナールの友人のサラの不倫相手、弟ジョルジュは贋金をつかう強者同盟に入る。名家の子息を選び、各家の秘密を握って犯罪をもみけせるようにする。その中でボリスは強さを確かめられて、自殺してしまう。

 

「狭き門」ジェロームとアリサは周囲も認める恋人どうしだが、アリサは結婚をためらい、神と結ばれるため死んでしまう。

あの人は私にこだわり、神よりも私を大事に思い、私を偶像にした。神さま、あの人にもう私を愛さないように。

マタイ福音書第7章 狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々としていて、そこから入る者も多い。命に通じる門はなんと狭く、その道も細い。そこを見いだす者は少ない。

 

田園交響楽」盲目の少女ジェルトリュードが手術で視力を得たが、人間の顔が憂いに満ちていることを見て、自殺してしまう。