読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリオ爺さん le pere GORIOT(バルザック)

トマ・ピケティの「21世紀の資本」に登場する本。地道に働くか資産家と結婚するか。

ヌーヴサント・ジュヌヴィエーヴ街(トゥルヌフォール街)のヴォケール館(45フラン/月)に住む製麺業者ジャン・ジョアニャン・ゴリオは娘二人に貢いで文無しになり、孤独に死ぬ。年収3000フランのヴジューヌ・ド・ラステニャックは社交界を目指す。ヴォートランはヴィクトリーヌ・タイユフェールの兄を殺しラステニャックと結婚させ、遺産を狙う。