読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICT関係

VR(Virtual Reality 仮想現実):仮想世界のなかにいる PS

AR(Augmented Reality 拡張現実):現実世界のなかに映し出す DS

 

IA(Intelligence Amplifier、人の知能増幅):

AI(Artificial Intelligence、人工知能):

 ディープラーニングdeep learning、深層学習

 ベイズ推定(主観確率

 

データサイエンス

 集積分析 見える化

⇒発見 仮説検証・因果関係

⇒WhatIf 会期分析・シミュレーション

プロアクティブ 交差検証・レコメンド

 活用:シグナル(評価)・広告チャネル(口コミ)・リレーション(つながり)・アラート(危機管理)

 

BigData

 Volume

 Variaty

 Velocity

 全件処理

 質より量

 因果より相関

 

Cloud:雲 情報の集まり 

Crowd:群衆 人びとの集まり ロングテール

クラウド・ソーシング 

クラウド・ファンディング

 寄付型

 共同購入

 融資型

 ファンド型

 株式型

オンプレミス クラウドに対し従来の自社開発、運用の形態

 クラウドが通常従量課金であるのに対し初期費用、保守費用が高くなる

ハウジング サーバー管理を委託する形態

 

ロボット:人の変わりに何等かの作業を行う装置

サイボーグcybernetic organism:改造人間 体の一部を人工的な機器で置き換えた人間

アンドロイド androido(andro(人間)+ido(~に似たもの):人造人間

 

Robot Technology

 1センシング 外界を認識

 2コントロール 認識結果になんらかの知識処理

 3アクチュエーション 外界に働きかける

 難しさ 機械制御(動き) 大きさで状況が変わる

      小型で歩けても同じ機構で大型に導入するのは難しい

     情報処理技術(認識)

     エレクトロニクス(コンピュー・バッテリ)

     材料科学(質感)

 

ドローン

 情報 空撮、測量、点検、災害、救急、警備

 作業 物流、農業

 ←ピジョン・ハンティング

 

IoT すべてのモノがインターネットでつながる

IoA すべての人の能力がインターネットでつながる

IoE すべてのモノとヒトがインターネットでつながる

 センサ

  3軸 ヨー・ピッチ・ロール

  加速度センサ

  角速度(ジャイロ)センサの3軸 手振れ防止

  GPS+方位+圧力センサ 階高

  温度センサ

  触覚センサ

  赤外線センサ 

  眼圧センサ 視線を感知

 データ送受

  WIFI

  bluetooth 省電力・短距離のみ

  NFC バッテリー不要

  音響通信 電波によらずに耳に聞こえない音で情報伝達

 バッテリーはスマホでは容量が限定されるが、車はIOTには十分な容量なのでいろいろな展開を考えうる。

 

3Dプリンタ 悉皆(しっかい)制度 フルオーダー

       距離を克服 人工衛星、遠隔地への運送が不要

 

ブロックチェーン 多人数間のトランザクション処理に有効な技術

 →通貨(ビットコイン等)、証券、契約、IOT等の履歴管理

 PC、ネット に次ぐ第三の革命?

 ASP、クラウド に次ぐ第三の革命

 

ハプティクス(触覚技術)
 体感の三元触 圧覚(固い柔らかい)
        触覚(つるつるざらざら)
        力覚(押される引っ張られる)
 センサーによる感覚の伝達と動きの同期を同時に行うことが困難だった