88言語

都市名の由来

アテネ 希 ギリシア女神 ローマ BC6C ロムルスが建国 ルモン(川の町) ベネチア 6C ベネチ族(沼に住む人)の町 ミラノ BC4C ケルト メディオラヌム 平野の中心地 フィレンツェ BC1C 羅 フローレンティア ローマ 花の都 ボローニャ 6C エトルリア フェ…

「じ」と「ぢ」 「ず」と「づ」 「おう」と「おお」

「じ」と「ぢ」 「ず」と「づ」 ・同音の連呼で後ろが濁る場合だけ「ぢ」「づ」 つづき、つづり 前が濁る場合は「ず」 ずつ、ずつう(戦前は「づつ」だったらしいので間違いではないらしい) ・語が連結されていて、切り離しても通じる場合だけ「ぢ」「づ」 …

都道府県名の由来

○北海道→昔は蝦夷(えぞ)と呼ばれたが、明治時代になると蝦夷の音読の「カイ」に「北」と、東海道にならって「道」をつけ北海道とした。 ○青森県→江戸時代、津軽藩が現在の青森に港を開いた。このあたりは松林が青々と広がっていたため、この港を青森と呼ん…