読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

63経済書

ソーシャル物理学 Social Physics アレックス・ペントランド

ソーシャル物理学 「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学 Social Physics how good ideas spread the lessons from a new science (’14)’15草思社 アレックス・ペントランド MITメディアラボ創設 直前に読んだ、善と悪の経済学か…

善と悪の経済学 Economics of good and evil トーマス・セドラチェク 

チェコの経済アドバイザー。 合理性を基礎とする経済学に対し歴史的考察により疑問を呈する。読み物として面白い。 主張としては、すでに十分に持っていることに気づこう。ゴドーを待ちながら。政策としてはGDP最大化ではなく債務最小化を目標とする。 合…

幸せになる資本主義 田端博邦

個人の責任によって生じたものではないものに自己責任を問う社会では、利己心を増進させ、公共への関心を薄め、個人の孤立化と社会の解体を促進する しかし社会の連帯がなければ福祉国家は成立しない 教育は自己責任か? 教育費用の負担は子供が責任をとりえ…

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 中野剛志 中野信子 適菜収

対談。近代的合理性、知性偏重への懐疑。合理性で考えれば、子供を持たない方が可処分所得も増えるし、政治よりも脱出を選んでいく。でも多くの人にとって自由は苦痛。ナショナリズムや宗教がその反動。 格差拡大は平和のせい。だとすると、格差は縮まらない…

地政学で読む世界覇権 accidental superpower ピーター・ゼイハン

地政学上重要な点の変遷 1 地理条件 交通の要衝 商業活動の便がよく、侵入困難 河川 エジプト フランス ポーランド ロシア 中国 湾・内海 スウェーデン・デンマーク・フェニキア・日本 オスマン 2 遠洋航海術 スペイン・ポルトガル 収奪 3 工業化 経済的…

未来をつくる資本主義 スチュアート・L・ハート CAPITALISM AT THE CROSSROADS Next gengeration business strategies for a post-crisis world 2012

地球の環境や世界の貧困を救うには、より安いコストを求めて底辺への競争を続ける市場(多国籍企業)に任せるのでもなく、政府の援助に任せるのでもなく、創造的破壊をもたらすビジネスにより地元で起業することで下向きの大躍進(グレートリープ・ダウンワ…

時間かせぎの資本主義 いつまで危機を先送りできるか(ヴォルフガング・シュトレーク)

「21世紀の資本」と並ぶ資本主義論とのこと。 70年代から資本主義は、過大な信用供与の不良債権化に伴う銀行危機、その債権買取を通じた国家債務危機、緊縮財政のための福祉の民営化に伴う家計部門の負債拡大による実体経済危機、そして今はゼロ金利政策…

中島隆信

人間の欲望を利用したインセンティブの設計を、様々な分野で確認する。 ・大相撲 日本の伝統文化を承継するための参入障壁や年功序列の制度設計 ・お寺 集団の結束を高める方法として機能してきたが、信頼関係が崩れてきている ・障害者 助けすぎると文句を…